臨床心理士の採用基準

測量士の求人探しTOP >> 臨床心理士の転職の基礎 >> 臨床心理士の採用基準

臨床心理士の採用基準

臨床心理士が転職を目指す際には、自分が応募条件、採用基準を満たしているかどうかをあらかじめ確認しておくことも大事です。とくに20代後半〜30代前半の転職適齢期になると、これまでどの分野でどういったキャリアを積み重ねてきたかが重要な判断材料となります。活躍する領域が広い職業のため、それぞれの仕事によって採用基準が異なってくるのも注意したい点です。

まず知っておきたいのは、臨床心理士の資格は国家資格ではなく、カウンセリングなど心理・精神面の業務を行う際にこの資格が絶対に必要というわけではない点です。もちろん、資格がまったく役立たないということはなく、心理・精神系の仕事を担うことができるスキル・知識を備えている重要な証明にはなります。一方で資格を持っていることが採用基準になるとは限らないことも忘れないようにしましょう。

こうした事情もあり、採用基準では実践的なスキルや実務経験が重視される傾向が見られます。簡単に言えば即戦力として即戦力として活躍することができるか、です。臨床心理士がおもに活躍する医療・保健、教育・福祉の分野では人件費にかける余裕がないうえに教育環境も十分に整っていないため、未経験の人材を育てるのが難しいところが多いのです。そのため採用してすぐに現場で活躍してくれる人材が優遇されるのです。

難しいのは冒頭にも挙げたように臨床心理士は広い領域で活躍していること。たとえば病院・クリニックなど医療機関に就職・転職を目指す際にこれまで培ってきた福祉関連の施設でのキャリア・スキルがどれだけ役立つかといった問題が生じます。求人情報に掲載されている応募条件ではこうした点についてはっきり明記されていることはほとんどありませんが、実際の評価の際にはこの点が大きく左右することも多いようです。それだけに転職を目指す際にはできるだけこれまでのキャリアが活かせる職場・分野を選んでいくのがポイントです。

採用基準ではもうひとつ、年齢の問題もあります。この点に関してはそれほど神経質に考える必要はありません。実際のところ30代、40代で資格を取得して臨床心理士を目指す人も少なくありません。ただやはりキャリアの問題がありますから、十分なキャリアがない場合には採用基準が緩い非常勤でしばらく働いたあと正規雇用への道を探るといった対策も視野に入れておいたほうがよいでしょう。

このように、求人に書かれている応募条件とは別のところで採用基準が設定されているケースも少なくないだけに自分が相手の期待に応えられる能力やキャリアを持っているかどうかをよく確認したうえで就職・転職活動を行っていきましょう。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2017 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.