臨床心理士の就職先(働く場所)

測量士の求人探しTOP >> 臨床心理士の転職の基礎 >> 臨床心理士の就職先(働く場所)

臨床心理士の就職先(働く場所)

臨床心理士は幅広い分野・領域で活躍する場があります。就職・転職を目指す場合には単に臨床心理士として活躍したい、だけでなくどのような職場で、どんな役割を担いたいのかを確認しておくことが大事なのです。

求人の数が多いという意味での代表的な就職先は病院・クリニックなどの医療機関と小中学校・高校で働くスクールカウンセラーです。前者は精神科や心療内科においてカウンセリングを通して患者が抱えている心の病の改善・治療を目指していくのが主な仕事です。心の病が社会問題化しているなか、こうした医療機関からの需要が増えています。また、精神科や心療内科だけでなくリハビリセンターでリハビリに励む患者の心のケアや、ケガや病気で落ち込んでいる患者、さらには事故や事件で精神的なショックを受けている患者に対するケアを行うなど、診療科をまたいだ活動も増えています。

一方後者のスクールカウンセラーは現在もっとも需要が増している臨床心理士の就職先といってもよいでしょう。不登校のほか、学業やクラス内の人間関係、いじめなどの問題に悩んでいる児童・生徒に対して相談やカウンセリングを行っていきます。この職場では単に生徒に対してケアするだけでなく、生徒を巡る環境の確認や問題解決のために教師や保護者との連携しながら業務を行っていくのがポイントとなっています。教育関連では他にも教育センターや児童相談所など相談業務をメインに行う職場もあります。需要も求人も増えている一方、非常勤での雇用が多いのも特徴です。

同じく近年になって需要が増えているのが福祉の分野です。老人福祉施設や障がい者関連施設などで高齢者や障がい者を相手にケアやサポートを行っていきます。体の健康だけでなく体の健康も害することで自立した生活が困難になってしまうことも多いだけに、臨床心理士の役割が重要です。病気や怪我を抱えた医療機関とは異なり、日々の生活の中で精神状態を確認しながら業務を行っていく必要があるため継続的なコミュニケーションと信頼関係の構築が求められるほか、介護福祉士など現場のスタッフとの連携が重視される職場です。

それから産業分野。とくに企業内相談室の需要が増えています。サラリーマンの心の病が大きな問題となっており、その対策として企業が企業内相談室を設置して臨床心理士を置くケースが増えているのです。こちらも病気やケガを抱えていない従業員を対象に仕事を行うのが特徴で、治療よりも予防が重視されます。

他には警察や家庭裁判所、刑務所といった司法・矯正関連の職場も求人数こそ少ないですが挙げられます。こうした職場の中から自分に合ったところを探していくことになるのです。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.