臨床心理士の履歴書の書き方

測量士の求人探しTOP >> 臨床心理士の転職の基礎 >> 臨床心理士の履歴書の書き方

臨床心理士の履歴書の書き方

臨床心理士の履歴書では、相手に何を求められているのかをできるだけ明確に記述していくことが大事です。臨床心理士が活躍する領域はかなり広い範囲に及んでいますし、それぞれの領域で重ねてきたキャリアや得てきたスキルもずいぶんと異なります。ですからできるだけ具体的にどのようなキャリアとスキルを持っているのか、それが新しい職場でどれだけ活かせるのかを強調できるような履歴書が求められるのです。

そのためにも職場だけでなく担当業務についてもできるだけ詳細に書くようにしましょう。履歴書だけでは書ききれないでしょうから、職務経歴書もうまく活用していくのがポイントです。臨床心理士のおもな仕事はカウンセリングなど精神面の領域ですから、具体的にどういった環境でどのような問題を抱えた人たちを相手に仕事をしたのかを明確にしておきましょう。うつ病患者、アルコール依存症、犯罪の被害者、不登校児など、扱う患者によって仕事内容がずいぶんと異なりますし、評価にも違いが出てきます。

加えて業務の際に任された役割や責任についてもしっかりと記載しておきます。精神面の領域はとくに重い責任を任されることが多いですから、そうした環境でしっかりと仕事を行うことができた、周囲の期待に答えることができたかをうまくアピールできるようにしたいものです。

さらに職場で業務を行った際にどのような点を心がけ、無事やり遂げたかも重要なアピールポイントです。心理面へのアピールは深い洞察力と豊富な知識、きめ細かな心遣いが重視されますから、そうした点をしっかり備えていること、それを実践的なスキルとして活用できることを証明するわけです。ここが臨床心理士の履歴書の書き方の最大のポイントといってもよいでしょう。もちろん事実を書くわけですが、あまり長々と書き連ねてしまうとかえってマイナスになってしまいます。簡潔にまとめつつ採用担当者の評価を高めるような内容を心がけましょう。採用担当者が一人の履歴書に目を通す時間は数十秒程度、という原則を忘れないことも大事です。

臨床心理士の仕事は自分の言葉でうまく説明することが大事です。それだけに他の仕事にも増して履歴書はその人の顔としての役目を担うことになるでしょう。ネット上にある履歴書の書き方やテンプレートなども活用し、自己アピールにしっかり結びつくような履歴書づくりを目指していきましょう。とくにこれまでとは異なる職種への転職を目指す際に重要になるはずです。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.