臨床心理士の年収相場

測量士の求人探しTOP >> 臨床心理士の転職の基礎 >> 臨床心理士の年収相場

臨床心理士の年収相場

臨床心理士の年収相場を知るのは簡単なことではありません。この仕事は医療、福祉、教育から民間企業や研究機関まで幅広い領域で活躍しており、それぞれの就業環境や給与水準によって年収に大きな差が出てくるからです。さらに非常勤の雇用形態が多いのも年収相場のデータを算出する際の大きな妨げとなっています。そのため同じ臨床心理士の資格のもとで働いている人でも年収にかなりの差が生じており、平均の数字があまり役に立たない面もあります。

こうした事情を踏まえた上での大ざっぱな年収相場は300万〜500万円程度といわれています。この金額を高いととるか低いととるかは人によって判断が異なるでしょうが、看護師の平均年収が470万円くらいといわれていることを考えれば同程度かやや低い水準となります。

問題なのはどの職場の年収相場が高く、どの職場が低いのか、です。もっとも高いのは大学や短期大学、研究所など専門的な分野で研究に携われる仕事です。こうした職場では年収800万円程度も珍しくありませんし、第一線で活躍している臨床心理士は公演や記事の執筆といった副収入を得ることで年間1000万円を超えるケースもあります。ただこの仕事に就けるのは臨床心理士のうちごくわずかですから、あまり現実的な選択肢とはいえないかもしれません。

保健所や保健センター、警察など公務員待遇で採用される職場も高収入が期待できます。年収は500〜600万円クラスが多く、全体の年収相場に比べてワンランク高い数字が期待できるでしょう。こうした公務員待遇の仕事も求人の数が少ないうえ、年齢制限が設けられていることもあるので転職を目指すなら早い段階での決断が必要です。

一方収入が少なめの職場は非常勤の勤務が多いところです。たとえば現在全国的に設置が進んでいるスクールカウンセラーの大半は非常勤で時給や日給換算での給与となります。スクールカウンセラーは通常複数の職場を掛け持ちで働いているため、どれだけ仕事をするかによって年収にも大きな差が出てくるのも特徴です。また病院・クリニックも非常勤が多い職場ですが、年収300万円前後と比較的安定した年収相場となっています。

平均こそ300万〜500万円ですが、実際には200万円くらいから1000万円を超えるまで職業や就業環境によってかなりの差が出てくるのが臨床心理士の仕事です。ですから全体の相場はあまり気にせず、自分にとって満足のいく収入かどうか、仕事へのモチベーションを維持できる給与をもらえるかどうかを重視して判断することが大事です。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.