臨床心理士の転職と研修

測量士の求人探しTOP >> 臨床心理士の転職の基礎 >> 臨床心理士の転職と研修

臨床心理士の転職と研修

臨床心理士が活躍する職場はどこも即戦力を求めています。もともとどの職場でも多くの臨床心理士が在籍していることはなく少人数で業務を行っていることが多いというのもありますし、福祉や介護、さらに企業内相談室など民間企業では人件費にお金をかけられないという事情もあるため、未経験の臨床心理士を時間をかけて育成する余裕や環境が整っていないのです。その分転職活動の際にはキャリアが大きくモノを言うため、その点をうまくアピールできるかどうかが重要なポイントとなります。

ではキャリアがない場合はどうすればよいのか?非常勤の仕事でキャリアを積んだ上で正社員への道を探る方法もありますが、研修を活用するのもひとつの選択肢です。経験が重視されるのは冒頭にも挙げたように即戦力の人材を求めているからです。ですから研修で実践的なスキル・知識を身につけていればキャリアの不足を補うことも可能です。

そんな臨床心理士の研修が全国各地で行われています。日本臨床心理士会を筆頭に臨床心理士のスキルの向上を目指した研修や講座が1年間を通して行われており、資質向上のための実践的な授業を受けることができます。臨床心理士が活躍する領域はかなり広い範囲に渡りますが、それに合わせてさまざまなタイプの研修が実施されています。講師を招いて講習を行ったり、特定のシチュエーションを設定したうえで実践を行う、さらにグループワークなどを通して仕事に対する理解を深めるといった内容があります。

こうした研修をうまく活用することでキャリアの不足を補うことができるだけでなく、臨床心理士の仕事をより深く理解する機会にもなるでしょう。またこうした機会を利用することで自分の適性を見いだすチャンスにも恵まれます。これまで働いてきた職場とは異なる分野にやりがいを感じることもあるかもしれません。就職・転職に有利・不利になるだけでなく自分の可能性を広げ、成長を助けてくれる機会にもなるわけです。

もうひとつ、臨床心理士の転職は能力・キャリアはもちろん、これまで培ってきた人脈、コネも重要なポイントとなります。いろいろな環境で働く臨床心理士が集まる研修はそんな人脈を広げるよい機会にもなってくれるでしょう。冒頭にも触れたように職場での研修があまり期待できない職種ですから、こうした外部で開催される研修をどれだけうまく活用できるかが転職活動やスキルアップの重要なポイントとなります。ネットでも情報収集ができますからどのような研修があるのかいろいろと調べてみてはいかがでしょうか。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.