30代向けの臨床心理士求人

測量士の求人探しTOP >> 条件別の臨床心理士の求人 >> 30代向けの臨床心理士求人

30代向けの臨床心理士求人

30代の臨床心理士は就職・転職のチャンスにもっとも恵まれた時期といってもよいでしょう。年齢的に一人前の臨床心理士として活躍できる時期ですし、一方ではまだ伸び代もあるので新しい分野へチャレンジする余地も十分にあります。

その一方、この時期の就職・転職に成功するかどうかでその後のキャリアに大きな影響を及ぼす面もあります。40歳までにどんなキャリアを積んで、どんなスキル・知識を身につけてきたかで臨床心理士としての評価が決まってしまう面もあるからです。ですから求人探しを行っていく際には待遇面だけでなく、その仕事によって何を身につけることができるのか、キャリアにとってどんな役に立つのかもよく検討しておきましょう。

また、30代の場合、さらに次の転職の余地もあります。30代までに十分なキャリアとスキルを積み重ねたうえで、より自分のとってやりがいのある職場への転職を目指すのもひとつの選択肢です。ですから現在の就職・転職活動を次の転職のステップになるような形で行っていくやり方もできます。何しろ臨床心理士が活躍する領域は非常に広いですから、30代の段階である程度自分が進む分野・領域をある程度決めておいた方がよいのです。さまざまな分野で就職・転職のチャンスがあるからといってあちこちの領域を渡り歩いていると40歳になった時に十分なキャリアが身についていない恐れもあります。

実際に求人の選択肢がもっとも多いのはやはり病院・クリニックの医療機関です。一方、保健所・保健センター、児童相談所、婦人相談所、地域活動支援センターといった保健・福祉関連の施設への転職のチャンスに恵まれているのもこの年代です。これらの職場は求人の数こそ限られているものの、安定した就業環境で働けるので安定性を重視する人は30代のうちに就職・転職を目指しておくとよいでしょう。

一方、障がい者職業センターや企業内相談室、ハローワークといった近年需要を高めている分野も30代向けの有力な就職・転職先の選択肢です。

一方大学や研究所、専門学校、さらには家庭裁判所や警察、保護観察所といった分野では30代前半くらいが採用の上限となっていることが多いため、就職・転職を希望する場合にはできるだけ早い段階で決断を下すことが求められます。

このように、30代の臨床心理士は可能性と活動範囲に恵まれている一方、この時期にある程度自分の目指すべきキャリアを決めておく必要があります。給料や待遇面など目先の情報だけに惑わされずにしっかりと選んでいきたいところです。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.