40代向けの臨床心理士求人

測量士の求人探しTOP >> 条件別の臨床心理士の求人 >> 40代向けの臨床心理士求人

40代向けの臨床心理士求人

40代の臨床心理士はまさに働き盛り、就職・転職を目指す方のほとんどはキャリアアップや年収アップを念頭に入れているはずです。一方、40代になると未経験の分野へのチャレンジが難しくなる時期でもあり、求人探しの際にはその点をよく考慮したうえで検討していく必要があります。

まず確認しておきたいのが、これまで臨床心理士としてどのようなキャリアを重ねてきたか。40代にもなればこれまで何をしてきたのか、何ができるのかが何よりも重視されます。臨床心理士の場合、年齢や経験不問で募集している求人が多いのが特徴ですが、即戦力としてのスキル・知識を踏まえていた方が当然有利になります。ですから求人探しの際には、基本的にこれまで勤務してきた分野の中で求人探しを行っていくことになるでしょう。その意味では求人の数の多さに対して選択肢が狭くなるといってもよいかもしれません。

一方、40代に入って臨床心理士の資格を取得した、あるいは心機一転新しい分野で働きたい場合にはできるだけ年齢がネックにならない仕事を探していくことになります。この点に関しては単に年齢が採用の際に不利になるかならないかだけでなく、給料や待遇などの面で以前の職場に比べて大きく見劣りしないかどうかも考慮しておく必要があります。

40代でも採用されやすく、活躍の場が用意されている職場としては病院・クリニックをはじめとした医療機関、老人福祉施設をはじめとした介護・福祉関連の施設がまず挙げられます。これらの分野は今後さらに需要が高まることが予想されており、未経験でも採用されやすいだけでなく、他の分野での経験でも評価の対象となることが多いのが特徴です。

また40代前半くらいまでなら小中学校や高等学校、教育相談所など教育関連の施設への就職・転職のチャンスもあります。ただしこれらの職場では非常勤での雇用が多いため、掛け持ちでの勤務が必要になるケースも多いので年齢面や体力面も含めて可能なのかどうかを確認しておきましょう。

その他には企業内相談室や障がい者職業センター、ハローワークといった職場も求人の数こそ少ないものの、40代でも採用のチャンスに恵まれた選択肢として挙げられます。40代の転職はその後のキャリアに決定的な影響を及ぼすことが多いだけに、収入だけでなくその後のキャリアや仕事へのやりがいなども視野に入れたうえで、ぜひと成功させたいものです。また面接の際にいかに自己アピールができるかどうかも鍵となりますから、その準備も求人探しと並行して行っていきましょう。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2017 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.