50代向けの臨床心理士求人

測量士の求人探しTOP >> 条件別の臨床心理士の求人 >> 50代向けの臨床心理士求人

50代向けの臨床心理士求人

臨床心理士は年齢があまり大きなネックにならずに就職・転職を目指すことができる職業です。そもそも40代、50代に資格を取得してキャリアのスタートを切るケースも決して珍しくありませんし、高齢化の進行やメンタルヘルスの重要性の高まりから臨床心理士の活躍の場が増えている状況ですから、50代でも十分に求人を見つけることができます。

ただ、就職・転職先の選択肢が限られてくるのは避けられません。求人の数は多く見つけられる一方、特定の分野に偏っていたり、ある分野からの求人はほとんど見つからないといったケースが見られるようになります。もっとも年齢の壁が大きなネックになるのは教育機関でしょう。小中学校、高等学校などでスクールカウンセラーを設置する動きが高まっていますが、年齢の上限は30代半ば〜40代前半が多く、50代になると応募資格の段階から引っかかってしまうことが多いのです。

それからもともと求人の数は少ない分野ですが、司法関連の施設への転職のチャンスもかなり限られてしまいます。具体的には保護観察所や刑務所、少年院、警察、家庭裁判所などです。

場合によって50代も募集しているケースもあれば、年齢制限に引っかかってしまうケースもある職場では保健所・保健センター、精神保健福祉センターなど保健・福祉関連の施設が挙げられます。これらの施設は求人サイトには掲載されずホームページから募集をかけるケースも多いので、希望する場合には応募条件も含めてこまめにチェックしておくことが大事です。

一方50代向けでもチャンスがある求人が多く見られるのが病院・クリニック、企業内相談室、ハローワーク、児童相談所、夫人相談所などです。年齢だけでなく経験も問わないところが多く、50代からキャリアを目指す場合にもよい選択肢といえます。この中でももっとも求人の数が多いのが病院・クリニックです。企業内相談室は働きやすい職場として近年人気を高めていますが、求人の数そのものが少ないのでチャンスを逃さないよう日ごろからの情報収集がポイントとなります。

50代で就職・転職する場合には次の転職は考えず、定年まで勤め上げることを前提に職探しを行っていくのが鉄則です。それだけに50代でも採用されやすいかどうかだけでなく、やりがいを持って働ける環境かどうかもしっかりと見ておく必要が出てくるでしょう。求人そのものは比較的簡単に見つけることができるだけに、自分の年齢・キャリア・生活環境などを総合的に判断したうえでの正しい決断が求められます。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.