首都圏勤務の臨床心理士求人

測量士の求人探しTOP >> 条件別の臨床心理士の求人 >> 首都圏勤務の臨床心理士求人

首都圏勤務の臨床心理士求人

臨床心理士が活躍する場はさまざまなフィールドにあります。学校などの教育機関、病院など医療機関、保健所、警察、刑務所、少年院など行政や司法の機関、大学など研究機関を始め、最近では民間企業でも職場のメンタルヘルス対策のために臨床心理士を置くところが増えてきました。臨床心理士は正社員の求人が少ないため、なかなか安定した収入を得るのが難しいのが問題なのですが、首都圏には莫大な数の企業があるので、企業内カウンセラーの求人を探すなら地方より圧倒的に有利です。大手企業に正社員として採用されることができれば、高収入かつ好待遇が得られるでしょう。

民間企業のなかには、企業内相談室、メンタル相談室、企業内カウンセリングルームなどの名称で、社員のメンタルヘルス対策のために臨床心理士など心理職を設置する企業があります。企業によって呼び方は変わりますが、企業カウンセラー、企業内カウンセラー、社内カウンセラー、事業所内カウンセラーなどが臨床心理士の立場です(ただし、産業カウンセラーは別の資格名のため異なります)。日本のサラリーマンは非常に大きなストレスを抱えており、心の病を発症する人も後を絶たないことが問題になっています。その対策として、病気を未然に防ぎ、社員の健康増進、業務の効率化を目指して、こうした企業内相談室などを設置する民間企業が増えているのです。

企業内カウンセラーの場合、病院の臨床心理士のように緊張感の張りつめた環境で働かなくてもよいというメリットがあります。多くの企業は企業内カウンセラーを非常勤で雇用し、必要に応じて随時出社させるという体制を取りますが、大手企業のなかには常勤で臨床心理士を雇い、社内に常時待機させているところもあります。企業内カウンセラーの良いところは、正社員として働く場合でも、勤務時間や休日に余裕があるところです。基本的にはその企業の勤務時間と休日に応じて働きます。残業も少ないですし、休日出勤がないのも人気の理由です。

もちろんそのような好待遇の求人はそれほど数が多くありません。このような相談室を設置する企業はまだまだ少ないですし、1社が雇用する臨床心理士の人数も限られます。求人があっても、1人からせいぜい2〜3人までの募集になるでしょう。しかし、首都圏なら企業の数が多いので、それに比例して企業内カウンセラーの求人も多くなります。地方で企業内カウンセラーとして働ける人はごく一部ですが、首都圏なら多くの人にチャンスがあるでしょう。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2017 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.