男性に人気の臨床心理士求人

測量士の求人探しTOP >> 条件別の臨床心理士の求人 >> 男性に人気の臨床心理士求人

男性に人気の臨床心理士求人

臨床心理士は女性の割合が高い仕事です。臨床心理士資格を取得している人の男女比を見ると、女性が約75%、男性が約25%と圧倒的に女性の割合が高くなっています。しかし、性別によって仕事の内容が変わることはなく、収入や待遇も男女に差があることはありません。ただ、臨床心理士は常勤の仕事がとても少なく、大半の求人は非常勤になっています。非常勤では給与は時給になり、なかには時給5000円以上の好条件の求人もありますが、実働時間が少ないため、それだけで生活できる職となるとなかなか見つけるのが難しくなります。そのため、多くの男性臨床心理士は安定した収入を得るのに苦労しているのです。実際、何件も非常勤の職を掛け持ちしている臨床心理士はたくさんいます。

このような男性臨床心理士の現状ですから、男性に人気の求人はおのずと安定した収入が得られる正社員の求人になってくるでしょう。男性だと結婚して家族を養えるだけの収入を目指す人が大半ですので、そのような求人が出ると応募者が殺到して競争倍率は何十倍にまで高まります。ですから、実際に正社員に採用される人はとても少なく、続けていけないと途中で違う職種に転職していく男性も大勢いるのです。そういう理由もあって、臨床心理士は女性の割合が高くなっているのでしょう。

男性の場合、やはり高収入の安定した職を目指す傾向があります。なれる・なれないは別として、臨床心理士として最も稼げる仕事は臨床心理士を育てる大学の教授でしょう。もちろん教授にまでなれる人は一握りですし、転職で目指す職でもありません。現実的なのは公務員で、収入を重視すると地方公務員より国家公務員を目指したい人が多くなりますが、国家でも地方でも正規雇用の公務員は非常に競争倍率が高くなります。心理職の公務員は各自治体にせいぜい数人程度ですし、欠員が出ないことには採用試験も行われないということもしばしばありますから、実際に臨床心理士として正規職員の公務員になれる人は何十人に一人の世界です。

厳しい競争を勝ち抜いて公務員になることができれば、保健所、家庭裁判所、警察、少年院、刑務所など活躍の場は広がります。臨床心理士の仕事に男女の違いはないと冒頭に書きましたが、実際はクライアントの性別に合わせて男女どちらの臨床心理士が受け持つかが決まることは多いです。刑務所や少年院の法務技官や法務教官なら、男性の需要は高いと思われます。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2017 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.