女性に人気の臨床心理士求人

測量士の求人探しTOP >> 条件別の臨床心理士の求人 >> 女性に人気の臨床心理士求人

女性に人気の臨床心理士求人

臨床心理士の仕事は女性に人気です。安定した正社員の求人が少ないのがネックですが、それでも臨床心理士を志望する人は年々増加しており、そのうち女性の占める割合が非常に高くなっています。それだけで家庭を養うためには収入が少なく待遇が安定していないため、男性の臨床心理士のなかには途中であきらめてほかの職種に就く人もいます。一方、育児や家庭と両立しながら働くことを希望する女性には、フレキシブルな働き方ができるということで非常勤の求人でも人気です。

臨床心理士にとって大切なスキルに傾聴能力があります。傾聴とは相手の話を聞くだけでなく、相手の気持ちを汲み取り、それを相手に伝えていくことが大切です。つまり、相手が淋しそうに話していれば「それは淋しいですね」と伝えていくことが重要なのですが、これは男性よりも女性の方が得意とする人が多いスキルです。臨床心理士の仕事内容に男女差はありませんが、基本的な性質の差として、感情を繊細に汲み取る力は女性の方が優れている面があります。男性の場合、感情をさらけ出すのを潔しとしないと教育される傾向があるため、カウンセリングで相手と気持ちを共有していることを示すのが苦手な人が多いようです。また、クライアントがDVや性犯罪の被害者の女性の場合、男性の臨床心理士が担当することは極めて稀です。その点、女性の方が活躍できる場は多く用意されているとも言えるでしょう。特に女性専門のカウンセリングルームも最近は増えており、それを志望する女性臨床心理士も増えています。

また、スクールカウンセラーも女性の臨床心理士に人気の仕事です。スクールカウンセラーとは学校に通う子どもたちに心のケアをほどこす専門家です。子どもの悩みを汲み取り、その気持ちを真摯に受け止めて、培った専門知識やカウンセリングスキルを活かしながら、問題の解決に努めます。相手は子どもだけでなく、その両親や周りの大人たちにも及び、教師とはまた異なる立場で学校にはなくてはならない存在です。

男性のスクールカウンセラーもいますが、問題は大半が非常勤職員という待遇であることです。時給は3000〜5000円と高額ですが、フルタイムで働けるところはほとんどなく、月に数日、せいぜい週に数日の勤務になります。しかも、始業から終業までではなく数時間程度の勤務ですので、月の収入はそれほど多くなりません。福利厚生も整っていないことが多く、それ一本でやっていこうという人には、男女ともに安定した仕事ではありませんが、家庭の都合などでフルタイムで働けない女性には人気となっています。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.