正社員の臨床心理士求人

測量士の求人探しTOP >> 条件別の臨床心理士の求人 >> 正社員の臨床心理士求人

正社員の臨床心理士求人

臨床心理士の求人探しで難しいのは、じつは正社員としての募集を見つけることです。高齢化の進行やメンタルヘルスの重要性の高まりから臨床心理士の需要が高まっていると言われていますが、一方では非常勤での雇用が非常に多い点が大きな問題となっているのです。

病院やクリニック医療関連の施設では理学療法士が広く活躍していますが、医師や看護師に比べて活躍する機会は決して多いわけではありません。そのためリハビリセンターやメンタルクリニックのように専門的な領域を扱う施設や、総合病院・大学病院のように規模の大きな病院でもない限りは臨床心理士は非常勤でまかなうケースが大半なのです。実際に医療機関からの求人情報をチェックしてみるとわかりますが、非常勤で給料は時給・日給形式のところが多く見つかります。

この傾向は教育関連の施設になるとさらに顕著になります。小中学校、高等学校、予備校に設置されるスクールカウンセラーなどはその大半が非常勤といってよいでしょう。その他地域活動支援センターや児童相談所、婦人相談所といった福祉関連の施設でも非常勤が多く活躍しています。このように安定した就業環境が期待できそうな分野でもじつは非常勤での雇用が多いのです。

ですから、正社員の臨床心理士求人を探していく場合には正社員としての雇用が多くを占める分野を優先して探していきましょう。まず保健関連の施設。保健所、保健センター、精神保健福祉センターなど。これらの職場は正規雇用のうえに、安定した雇用環境で働くことができる人気の高い選択肢です。

それから研究関連の職場。大学や短期大学、専門学校、さらに研究所。学術的・専門的な領域で仕事を行う職場は正規雇用が多くなります。ハードルが非常に高くなりますし、30代・40代からの転職は難しくなりますが、安定した雇用環境という点ではもっとも恵まれているといえます。

意外なところでは警察や科学捜査研究所、家庭裁判所、刑務所、少年院、保護観察所といった司法関連の施設は求められる仕事内容からも正社員としての雇用が多くなります。求人数が限られている上に情報が入手しにくい面もありますが、選択肢として頭に入れておくとよいでしょう。

もちろん、上記の医療・福祉関連の施設にも正社員の雇用はあります。正社員の求人が多い分野とそうでない分野を両にらみで探していくようにしましょう。場広い選択肢から探していけばいくほど見つけやすくなるはずです。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2017 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.