高年収の臨床心理士求人

測量士の求人探しTOP >> 条件別の臨床心理士の求人 >> 高年収の臨床心理士求人

高年収の臨床心理士求人

臨床心理士の年収についてははっきりとしたデータはありません。医療機関から福祉・介護関連施設、一般企業、大学をはじめとした研究機関など幅広い領域で活動している職業のため、平均のデータを出しづらいのがその理由です。しかし一般的な目安としては300〜500万円程度といわれています。この数字は看護師と同水準かやや低め、思ったほど高収入ではない、と感じる方も多いはずです。

ですから高収入の臨床心理士求人を目指す場合には、どれぐらいが高収入に当たるのかをはっきりさせたうえで求人を探していくことが大事です。年収600万円を高いと見るか低いと見るかで求人を探すハードルがずいぶんと違ってきますし、年収1000万円を高収入と考えると求人はほとんど見つからないでしょう。自分にとっての高収入だけでなく、臨床心理士の職業にとっての高収入も考慮に入れたうえで探していく必要があるのです。

臨床心理士の職場の中で比較的高収入が期待できるのは保健所や保健センター、精神保健福祉センターといった公務員待遇での雇用が期待できるところです。また国立・公立病院も同様です。給与面も公務員に準ずる形で設定されますから、他の職場に比べるとかなり高い水準が期待できます。

同じく公務員待遇が得られる職場では警察や科学捜査研究所、家庭裁判所、刑務所、少年院、保護観察所なども挙げられます。高収入が期待できる一方、求人数が限られていること、そして臨床心理士の職場の中ではかなり特殊な環境で特殊な業務が求められるといった点も踏まえた上で判断することが大事です。

もうひとつ、高収入が期待できそうな職場では研究機関が挙げられます。大学、短期大学、専門学校などの専門的な教育・養成機関、さらに研究所では公務員待遇以上の高収入も期待できます。ただやはりハードルが高いこと、他の分野から転職が難しいことといった難点がつきまといます。

高年収を得られるかどうかは正社員として雇用されるかどうかも大きく左右します。たとえば企業内相談室の場合、正社員として採用されればその企業の従業員に準ずる待遇での収入となりますから、臨床心理士の全体的な平均よりも高い収入も期待できますが、この職場は非常勤も多いため一概に高年収の職場とは言えないのです。

高年収を目指す場合には複数の仕事を掛け持ちする「あわせ技」という手もあります。この点は安定した就業環境とどちらを優先するかの問題も出てきますから、よく考えて求人探しを行っていく必要がありそうです。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.