在宅業務ありの臨床心理士求人

測量士の求人探しTOP >> 条件別の臨床心理士の求人 >> 在宅業務ありの臨床心理士求人

在宅業務ありの臨床心理士求人

基本的には、臨床心理士はクリニックやカウンセリングルームで相談者に応対する仕事です。在宅業務となると見つけるのはなかなか困難でしょう。ただでさえ求人数が不足している臨床心理士ですから、在宅で出来る仕事となると非常に限られます。ざっと考えられるところでは、心理関係の本の執筆、専門書の翻訳、もしくは臨床心理士を目指す人のための通信教育の添削などがありますが、これらは臨床心理士の資格があれば誰でもできるものではありません。知識、技能、経験、業績に優れたベテランでないと難しいでしょう。このような厳しい状況ですが、電話相談という形でなら在宅で行える求人が見つかる可能性があります。

電話相談という仕事は、メンタルヘルスに悩む人にカウンセリングを提供する際、対面ではなく電話越しという形を取ります。電話相談とはいっても、最近はインターネット回線を通じて行うことも多く、自宅にインターネットが開通していることが必須であることがほとんどです。相談者は子どもから高齢者までさまざまな年齢のさまざまな状況にある人たちですので、相談者の気持ちを汲み取るには高いコミュニケーション能力を必要とします。臨床心理士の資格があるだけでなく、相談業務の経験があることも必須要件となることが多いですので、応募すれば誰でも採用される仕事ではありませんが、自分の好きな時間帯で働けるのは魅力です。

臨床心理士が電話相談で相談に乗る内容は多岐にわたります。解決策を求められるものから、ただ話を聞いてもらって悩みを共有してほしいという人からも電話がかかってくるでしょう。恋愛や結婚の相談もあれば、育児の悩み、職場のパワハラ・セクハラの相談、金銭トラブル、ギャンブル依存などさまざまで、なかには生きるか死ぬかという深刻な悩みを持つ人からもかかってくることがあります。ですので、臨床心理士に求められるのは、とにかくその人の話す内容に真摯に耳を傾けることです。

電話相談はカウンセリングルームに常駐して行うタイプもありますが、自宅で出来るタイプもあります。後者の場合は特に、時間など約束を守ることが必須です。自宅だからと時間管理に甘く、連絡を怠ったりするようでは務まらないでしょう。相談者と雇用者の双方からの信頼を得るために、自覚的に行動しなければなりません。それができれば、ほかの仕事との掛け持ちもやりやすいですし、手の離せない小さな子どもがいる場合でも資格を生かして働けるでしょう。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.