地方勤務の臨床心理士求人

測量士の求人探しTOP >> 条件別の臨床心理士の求人 >> 地方勤務の臨床心理士求人

地方勤務の臨床心理士求人

多様な価値観を持つ人が集団で生活する現代社会では、心の問題を抱える人も価値観の多様化や人生の選択肢の増加とともに増えています。職場や学校でも心の病は深刻な問題です。そのような状況にあって、専門的な知識と技能を用いて人の心にアプローチする臨床心理士への需要はますます大きくなっています。人の暮らすところに需要があると言ってもよいため、臨床心理士は全国各地至るところで必要とされています。

しかし、全国的に言えることですが、臨床心理士の収入や待遇は決して良いとは言えません。国家資格ではないということも理由になりますが、資格を取得する人は年々増えているのに、その供給に需要が見合っていない状態です。そのため、常勤で働ける臨床心理士は、資格取得者全体の約3分の1程度でしかありません。そのほかの3分の2は、非常勤で働いているか、臨床心理士として従事していないという人たちです。臨床心理士の需要は今後も継続的に高まることは確実ですが、劇的に状況が好転するようなことは急に起こらないでしょう。特に地方で職を探す臨床心理士には、厳しい状況が続きます。

臨床心理士の活躍するフィールドには、病院など医療分野、学校など教育分野、高齢者施設や児童相談所など福祉分野、行政や司法など公的機関、さらには民間企業まで幅広いですが、地方で勤務する臨床心理士の多くは病院やクリニックに勤務しています。しかも、その大半は正職員ではなく非常勤のパートやアルバイトです。医療機関に次いで、自治体から学校に派遣されるスクールカウンセラーとして働く人が地方には多いですが、こちらも大半は非常勤というポジションです。都心の民間企業のなかには、社内に企業内相談室や企業内カウンセリングルームを設置して、臨床心理士を募集するところも増えていますが、地方ではそういう企業は全体のごく一部に過ぎません。大手企業に正社員として採用されれば将来的にも安泰ですが、地方でそのポジションに就ける人は少数でしょう。現実的には病院やクリニックで非常勤の職を掛け持ちし、経験を積んで臨床心理士としての実績を上げていくしかありません。

地方でも医療機関からの求人は比較的見つけやすい方ですが、収入面では期待できないのが現状です。たとえフルタイムで働いたとしても、年収300万円台以下という人が多く、なかには100〜200万円台の年収で頑張っている人もいます。状況は厳しいですが、臨床心理士として経験を積むためには、それを受け入れなければならないのが現状です。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.