倍率が低い臨床心理士求人

測量士の求人探しTOP >> 条件別の臨床心理士の求人 >> 倍率が低い臨床心理士求人

倍率が低い臨床心理士求人

臨床心理士の就職は非常に厳しく、正規雇用では倍率の低い求人は皆無と言ってよいでしょう。だからといって、非正規雇用なら簡単に採用されるというわけでもありません。病院でパート勤務をするにしても、指導教員などのコネクションで決まることが多いですし、採用された場合も福利厚生なしで月給10万円程度という低待遇です。そういう非常に厳しい状況で世の臨床心理士は生活しています。一つの仕事だけでは生活することもできないため、何件も非常勤の職を掛け持ちして経験を積まなければならないのが現状です。求人がないなら独立開業すればよいとカウンセリングルームを始める人もいますが、経験の浅い臨床心理士が独立して成功する可能性は限りなくゼロに近いと言ってよいでしょう。

臨床心理士の求人を探す方法には、ハローワーク、インターネット、コネクション、公的機関の広報誌などがありますが、どの方法であれ条件の良い求人には多数の応募者が殺到します。まず、ハローワークの求人情報は信頼性が高い面はあるものの、インターネットで誰でも閲覧できるので、それなりの待遇の求人ならすぐに応募者で埋まってしまうでしょう。そもそもハローワークに登録される臨床心理士の求人は非常に少ないという問題があります。

また、インターネットには、会員制のウェブサイトで条件の良い求人を限定的に会員に優先して公開しているところがありますが、会員制とはいっても実態は非常に競争倍率が高く、なかなか希望の求人に採用されることはありません。公的機関から求人が出る際も公式ホームページを通じてインターネット上に情報が出ることがありますが、やはり誰でもアクセスできる媒体ですので非常に高い競争倍率になります。それよりはその自治体でしか発行されていない行政広報誌を収集する方が、見る人が少なくなる分、インターネットより競争倍率は低くなると考えられます。

いずれにせよ、通常の求人では競争倍率の低い案件を見つけることは困難でしょう。月に数回の勤務、月給2〜3万円程度の非常勤カウンセラーなら正社員求人より倍率は低いでしょうが、それでも簡単ではないことは知っておいてください。いちばん確実な方法は、大学院の指導教員のコネクションを頼って、公開されていない求人情報を内々に教えてもらう方法です。これならライバルと競争する必要もありません。ただし、情報を教えてもらうだけの関係を教員と築いていることが前提ですし、採用後もし合わないなと思っても辞めにくいというデメリットがあります。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.