残業が少ない臨床心理士求人

測量士の求人探しTOP >> 条件別の臨床心理士の求人 >> 残業が少ない臨床心理士求人

残業が少ない臨床心理士求人

臨床心理士の仕事はもともと残業が少なく、その点では就業環境に恵まれているともいえます。ただ勤務先によって勤務時間が異なりますし、仕事内容にも違いが出てきますから、できるだけ残業はしたくない、生活環境の関係で残業は避けたいという方は残業が多くなりそうな職場かどうかを判断していくことが大事です。

そのためにも残業が少ない求人よりも、まず多そうな職場を確認しておくことが大事です。まず候補に挙がるのは病院・クリニック。治療やリハビリは計画通りに行っていくことができればいいですが、そううまく進むとは限りません。患者さんの状況によっては残業が必要になるケースも出てきます。また病院での臨床心理士の仕事は医師や作業療法士など他のスタッフとの連携が大前提です。そうなると自分の都合で残業をしないといったことが難しくなります。チーム医療が徹底している職場であればあるほど一人のスタッフが欠ける影響が大きくなるわけです。こうした残業の機会が多いかどうかだけでなく、断りにくい環境かどうかも見ておきたいところです。

それからスタッフの人数も重要なポイントでしょう。仕事そのものはそれほど残業が多くない職場でもスタッフの人数が少ないとひとりひとりの仕事量が増えるため残業の可能性が出てきます。たとえば企業内相談室は残業や休日出勤が比較的少ない職場といえますが、勤務している臨床心理士の数も少ないので書類の整理や健康診断の準備など仕事の量が多くなるときに残業が必要になります。このスタッフの人数の問題は小規模なクリニックや教育機関などでも共通しているので注意したいところです。

一方残業が比較的少ない職場としては保健・福祉関係の職場がまず挙げられます。保健所・保健センター、精神保健福祉センター、地域活動支援センター、児童相談所、婦人相談所など。これらの職場は安定した雇用環境で働けるという点も含めて魅力的な選択肢となるでしょう。ただし、求人そのものが少なく、人気が高い職場なので募集がかけられた時には応募が集まって競争になるケースが多くなります。

看護師や介護福祉士など同じ職場で働くことも多い他の職業に比べると臨床心理士は残業の心配はそれほどしなくてよいでしょう。今回取り上げたような職場ごとの傾向やスタッフの人員の問題さえ気をつけていれば、残業が厳しい環境で働かされるようなことはないはずです。それよりもやりがいのある職場や安定した雇用環境で働ける職場を見つける方が重要です。正規雇用が少なく、非常勤の仕事をいくつかも掛け持ちしなければならないことも多く、残業はないものの、連日忙しい環境で働かなければならないケースもあるからです。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.