臨床心理士で年収1000万円は可能?

測量士の求人探しTOP >> FAQ >> 臨床心理士で年収1000万円は可能?

臨床心理士で年収1000万円は可能?

【臨床心理士は高収入?】
臨床心理士は、昨今よく耳にするようになった心理系の職業の一つです。人間関係や職場での重圧などからストレスを抱えがちな現代人に寄り添う職業として多くの注目を集めている臨床心理士ですので、その年収はさぞやお高いのだろうと想像してしまいがちです。

臨床心理士になるには、大学を卒業した上で大学院や専門職大学院に進み、修了した上で資格試験に合格しなければなりません。受験や資格試験への対策でスクールに通う人もいらっしゃるでしょう。臨床心理士の資格を取得するまでには莫大な金額がかかります。そのお金を少しでも早く回収するためにも、早く高収入の身になりたいと思うのは当然の事です。

【臨床心理士のお給料は?】
臨床心理士は病院や学校、企業内の相談室、児童相談所、家庭裁判所など、様々な現場で働いています。雇用形態も常勤や非常勤、フリーランスと様々。そのため、一口に臨床心理士と言ってもその給料は人によって異なり、場合によっては大きく差が開く事もありますが、一般的な臨床心理士の収入は300万円から500万円程度(将来変動する可能性有り)と言われています。決して低いわけではありませんが、飛び抜けて高いと言うほどでもありません。

そもそも臨床心理士とは、国家資格ではなく民間の資格です。日本臨床心理士資格認定協会から認定されており、臨床心理士の資格をとったからと言って必ずしも高収入な仕事に就けると言うわけではないのです。

【年収1,000万円を目指すには?】
臨床心理士として安定した高収入を得たいのであれば、公共施設に常勤として就職すると良いです。公共機関に働くと言う事は公務員になると言う事であり、公務員は勤続年数に応じてお給料が増えていくので、最終手金はかなりの金額を受け取る事が出来ます。

しかし、それでも年収1,000万円を越えるのは難しいです。1,000万円以上の収入を得ている臨床心理士の多くは、医師や大学教授も兼業しています。より高い収入を目指すならば、仕事を臨床心理士一本に絞るのではなく、他にも収入が良い仕事を兼務すると良いでしょう。

【独立・開業する】
十分な実績と人脈がある場合は、独立・開業すると言うのも手です。軌道に乗せるのは大変ですが、大物のクライアントを得る事が出来れば収入は大幅に上がるでしょう。有名になればクライアントが次から次へと集まってきますし、講演会に呼ばれたり本の執筆を依頼される事もあります。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2017 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.