臨床心理士の難易度は?難しい?

測量士の求人探しTOP >> FAQ >> 臨床心理士の難易度は?難しい?

臨床心理士の難易度は?難しい?

【臨床心理士になるのは難しい?】
臨床心理士は国に認められた資格ではありません。臨床心理士とは、「日本臨床心理士資格認定協会」が定めている資格になります。しかし国家資格ではないからといって簡単に資格を取得できるかと言えば、そんな事はありません。臨床心理士になるには、多くのハードルを越えねばならないのです。

【指定の大学院・専門職大学院に進むには?】
先述した通り、臨床心理士とは「日本臨床心理士資格認定協会」が定めている資格であり、臨床心理士になるためには同協会実施の資格試験合格が必須です。 臨床心理士の資格試験合格のためには、まず日本臨床心理士資格認定協会指定の大学院や専門職大学院への入学が必要です。一般的に大学院・専門職大学院を受験するためには、大学を卒業していなければなりません。つまり大学受験を越えても、今度は大学院の入試試験があると言う事です。しかもその入試試験では心理学の基礎知識が出題されるので、事前の対策が必要になります。

【臨床心理士資格審査を受けるには?】
指定の大学院・専門職大学院を卒業しただけでは資格は得られません。次は臨床心理士資格審査の合格を目指す事になります。審査と言うと試験とは違うように感じるかも知れませんが、その内容は一次でマークシートと小論文、二次で面接になります。マークシートなら分からなくても勘で当たる事もあると楽観視してしまいがちですが、この臨床心理士資格審査は非常に厳しく、合格率も約60パーセントと半分近くが落ちる事になります。 とはいえ、60パーセントと言う数字は決して低いと言うわけでもありません。

しかし臨床心理士資格審査は、大学院を卒業出来るだけの知識と経験を持つ人達が受ける試験。今まで専門的な勉強をしてきた人でも60パーセントしか受からないと考えると、やはりその難易度は決して低くはありません。 出題内容は幅広く、心理学や臨床心理士の基本はもちろん、臨床心理士に関する法律の知識などの極めて専門的な問題が出る事もあります。また一次試験に合格しても、二次試験では面接があります。面接は明確な答えが無いだけに、事前の対策が重要になります。「大学院で勉強をしてきたから大丈夫」と胡座をかかず、試験のための準備をしっかりしておきましょう。

【確実に受かるためにはどうしたら良い?】
指定大学院・専門職大学院や臨床心理士資格審査に確実に合格したいならば、スクールや通信講座を利用する事をおすすめします。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2017 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.