臨床心理士の服装は?

測量士の求人探しTOP >> FAQ >> 臨床心理士の服装は?

臨床心理士の服装は?

【清潔なイメージがある臨床心理士】
臨床心理士と言う職業についている人は、何となく綺麗だったり清潔なイメージがあります。見た目が全てではありませんが、人の話を聞き、心を開いてもらうためには、見た目も重要になります。

だからと言って、ばっちりメイクをして流行を取り入れたオシャレをしなければならない、と言うわけではありません。美人であったりハンサムでなければなれない職業と言うわけでもありません。重要なのは、清潔感と話しやすい雰囲気がある事です。

【どんな服装が良いのか?】
臨床心理士は、クライアントから話を聞く事が出来なければカウンセリングを進める事は出来ません。そのためにも、話しやすい雰囲気を作る事が重要です。服装は、話しやすさを演出するための要素の一つであると言えるでしょう。考えてみてください。しわくちゃのシャツや、極端に短いスカート、不潔だったり不誠実な印象を受ける人間を相手に心を開く事は出来ませんよね。

人の印象は見た目による第一印象で決まる、と言う説があり、まさに臨床心理士が当てはまります。第一印象で「話しにくそう」、「この人には話したくない」と思われてしまうと、カウンセリングがなかなか円滑に進みません。臨床心理士として働くならば、清潔感があり、話しやすそうな雰囲気が出せる服装を意識し、女性であれば派手さを抑えて優しく見えるメイクを心掛けましょう。

【臨床心理士は接客業?】
クライアントの話を聞き、適切な受け答えをして問題を解決まで導く臨床心理士は、接客業と言っても差し支えありません。クライアントが服装やメイクなどから不快感を覚えないようつとめる必要があります。

また格好がみすぼらしいと、「経営が苦しいのかな?」と感じてしまいますし、そうなると自然と「あまり腕の良い臨床心理士じゃないのかな」と言う不信感も生まれてきます。派手な格好やブランドもので身を包めば良いと言う話ではありませんが、みすぼらしい格好もNGです。清潔感があり、どこに出ても恥ずかしくない格好をするようにしましょう。

【臨床心理士もクライアントから見られている】
臨床心理士がクライアントを観察しているのと同じように、クライアントも臨床心理士を観察しています。デリケートな問題を打ち明けるのですから、人間として信頼出来るかを判断するために観察するのは当然の事でしょう。自分もクライアントに見られていると言う事を念頭において服装を選びましょう。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.