臨床心理士の男女比は?

測量士の求人探しTOP >> FAQ >> 臨床心理士の男女比は?

臨床心理士の男女比は?

【臨床心理士は女性が多い?】
心のケアを行う臨床心理士は、現在高い注目を集めている職業になります。その穏やかな物腰や語り口から、何となく女性の職業と言うイメージがある方も多いでしょう。しかし、実際のところはどうなのでしょうか。

【臨床心理士の男女比は?】
そもそも臨床心理士とは、国が定めた資格ではなく、日本臨床心理士資格認定協会によって定められている資格です。そのため極めて限定的ではありますが、カウンセラー系では最も信頼度が高いと言われている資格でもあります。この臨床心理士の男女比は、男性が3に対して女性が7、全体ではおよそ3:7の男女比であると言われています。やはり女性の方が多いです。

【臨床心理士は女性向けの仕事?】
男女比だけを見ると、臨床心理士は男性より女性が多く、女性に向いている仕事のように思えるかも知れません。しかし本来臨床心理士に求められるのは、女性である事ではなく、包容力や理解力、コミュニケーション能力などになります。臨床心理士に女性が多いのは、打ち解けやすく、包容力が豊かな人が多いからであるとも言えるでしょう。しかし、それは逆を言えば素質さえあれば男性でも臨床心理士として働く事が出来ると言う事でもあります。

【臨床心理士に向いていない人は?】
女性は包容力がある人が多いですが、一方で共感能力が高いがために相談内容に必要以上に感情移入してしまい、悲しんだり憤ったりする人も少なくありません。相談内容に感情が引き摺られてしまう人は、臨床心理士に向いていないと言われています。つまり、女性にも臨床心理士に向いていない人は居ますし、物事を客観的に見る事に長けている男性は冷静な姿勢で相談を受ける事が出来るので、臨床心理士としての素質があると言えます。男女比で見れば圧倒的に女性の方が多い臨床心理士ですが、男性だからと言う理由で臨床心理士を諦めてしまうのは勿体ないです。

【まずは努力をする】
本来、臨床心理士の仕事に性別は関係ありません。臨床心理士になれるかなれないかは、あくまで本人の熱意と努力次第です。もし本気で臨床心理士になりたいと考えているのであれば、大学を出て、日本臨床心理士資格認定協会が指定している大学院や専門職大学院に入って修了し、更に資格試験に合格する事を目指しましょう。努力に男女の垣根はありませんし、資格試験でも女性だから優遇される、男性だから落とされると言う事もありません。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2017 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.