臨床心理士は忙しい?激務?

測量士の求人探しTOP >> FAQ >> 臨床心理士は忙しい?激務?

臨床心理士は忙しい?激務?

【やり甲斐がある仕事】
仕事のプレッシャーや人間関係のこじれ。人間誰しも多かれ少なかれ、悩みやストレスを抱えているものです。大体の人は、信頼している友達や家族に悩みを打ち明けたり、趣味や遊びでストレス発散する事で折り合いをつけていますが、中には自分の内側に貯め込んでしまい心が荒れてしまう人も少なくありません。そんな人達の心に寄り添い、問題解決まで導くのが臨床心理士の仕事です。

【臨床心理士は忙しい?】
臨床心理士と言うと、清潔な部屋でクライアントの話を聞き、穏やかに受け答えをする。そんなイメージがあるかも知れません。それ自体は間違っていないのですが、だからと言って臨床心理士が座ってクライアントの話を聞くだけの比較的楽な仕事だと思っているのでしたら、その認識は改めた方が良いでしょう。臨床心理士を目指している方ならばなおさらです。

臨床心理士は、実はとてもハードなお仕事です。それと言うのも、臨床心理士は現代社会において欠かす事が出来ない職業であるにもかかわらず、職業としてはまだそれ程優遇されているものではないからです。医療の現場で働いているイメージが強いのでお給料が良いと思われがちですが、その実臨床心理士の年収は飛び抜けて高いわけではありません。

【臨床心理士は常勤が少ない?】
臨床心理士の中には非常勤として不安定な待遇で働いている方も多いです。中には非常勤の仕事を複数の現場で掛け持ちしている、と言う臨床心理士も少なくありません。それ故に、臨床心理士は忙しいと言われがちです。

安定した待遇とお給料を求めるならば、学校などの公共機関などで働くと良いでしょう。公共機関で働く場合は公務員と同じ扱いになるので、非常勤に比べれば遙かに安定した生活を送る事が出来ます。

【オフは仕事をはなれて自由に過ごせる?】
臨床心理士は、普通のサラリーマンとは違います。注目を集めている分野なだけに日々研究が進み、新たな知識や学説が生まれるのです。そのため、仕事がない日にも学会に参加したり、独自に勉強や研究をしなければ置いていかれてしまいます。

しかし臨床心理士の多くは、その仕事に強いやり甲斐を感じ、自ら率先して新たな知識を吸収しようとする人が多いです。信念を持って臨床心理士になる事を選んだ人達にとっては、忙しさよりもやり甲斐の方が重要と言う意見も多く見られます。臨床心理士になって辛い想いをしている人を救いたい、と言う意思があるなら、やり通す事が出来るでしょう。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2017 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.