臨床心理士になるには?

測量士の求人探しTOP >> FAQ >> 臨床心理士になるには?

臨床心理士になるには?

【広く求められる臨床心理士】
ストレスや環境から生じる軋轢などから、心が壊れていく人はとても多いです。そんな心のケアを行うのが、臨床心理士の仕事です。心に問題を抱えている人と面談やカウンセリングを行い、専門的な知識とスキルで問題を取り除いて解決する事が主な業務となります。昨今では臨床心理士と言う職種も広く知られるようになり、活躍の場も病院をはじめとする医療・保険機関や児童相談所、福祉施設などの福祉機関、公立・私立の学校などの教育機関と様々です。現在も多くの方がやり甲斐と信念を持って臨床心理士として働いていますが、一体どうすれば臨床心理士になる事が出来るのでしょうか。

【臨床心理士の資格とは?】
実は、カウンセリングを行うだけならば資格は必要ありません。しかし資格を持っていた方が就職や待遇などが有利になるのは確かなので、無資格でカウンセリング系の仕事に就くよりは、何らかの資格を得ていた方が良いでしょう。カウンセリング系の資格は複数ありますが、中でも信頼性が高いとされているのが日本臨床心理士資格認定協会が実施している資格試験になり、こちらの試験に合格する事で臨床心理士を名乗る事が出来るようになります。臨床心理士は国家資格ではありませんが、合格するためには専門的な知識や、一定以上の学歴を求められます。

【臨床心理士になるためにはどうしたら良い?】
臨床心理士になるには資格試験に合格する必要がありますが、そのためには定められた学歴を得なくてはいけません。基本的には大学卒業後に指定大学院(1種・2種)を修了する、あるいは臨床心理士を養成する専門職大学院を修了する必要があります。その上で資格試験を受け、無事合格する事で臨床心理士になれるのです。

【臨床心理士になるための試験対策は?】
大学を卒業後、日本臨床心理士資格認定協会指定の大学院や専門職大学院の入学試験を受ける必要がありますが、入学試験には専門的な問題も出るので、何の対策もないまま受けても合格は難しいです。合格を目指すならば、事前の受験勉強をする必要があります。独学での合格は難しいと感じているなら、大学院の試験対策を行っているスクールに通うと良いでしょう。

大学院に無事入学し、修了したら、次は資格試験に向けての勉強をしなければなりません。臨床心理士になるための試験なので、出題内容は幅広く専門的になります。こちらも試験合格に向けてのスクールや通信講座があるので、利用すると良いでしょう。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.