臨床心理士の独立・開業は?

測量士の求人探しTOP >> FAQ >> 臨床心理士の独立・開業は?

臨床心理士の独立・開業は?

【臨床心理士の職場】
心のケアを行う臨床心理士の職場は、医療や保健の現場だけではありません。家庭裁判所や刑務所、児童相談所、企業の相談室など、活躍の場はどんどん広がっています。

ストレスを抱えながら生きる人が増加している現代の日本では欠かす事が出来ない存在とも言える臨床心理士ですが、ある程度の経験をつむと独立・開業を行うケースも多いです。

【資格取得後、すぐに独立しても大丈夫?】
臨床心理士は大学を卒業し、大学院や専門職大学院を修了して、日本臨床心理士資格認定協会が実施している臨床心理士資格審査に合格する事で得られる資格です。資格を取得したらすぐに臨床心理士として働き始める事が出来ますが、実務経験もなしに独立する人は少ないです。独立・開業を考えているのであれば、やはりある程度の経験を積んでからの方が良いでしょう。

それと言うのも、臨床心理士は専門的な知識やスキルは勿論、様々な経験が求められる職業だからです。人間と言う意思と個性を持った存在を相手にしているので、どんなに知識が豊富でも対処しきれない事態に直面する事は少なくありません。そう言う時に役に立つのが、今までの実務経験です。

また大学や大学院で経営に関するノウハウを学んでいなければ、例え臨床心理士としての腕が良かったとしても経営が行き詰まってしまう事があるでしょう。

【様々な現場を体験する】
独立も良いですが、その前に様々な現場を経験すると選択肢が広がります。色んな職場で働き、経験を積んだ上で臨床心理士として独立する事を選ぶ方が、経験と人間性に厚みが出ます。反対に、ろくに現場の経験もなくいきなり独立・開業をすると言うのは、狭い世界しか知らない状態であり、非常にリスキーです。

【具体的にはどんなデメリットやリスクがある?】
資格取得後、いきなり独立する場合の最大のデメリットは、実績を掲げる事が出来ない点です。過去にこのような仕事をしました、こんな実績があります、とアピール出来る点がなければ、人はなかなか集まらないでしょう。どんなに腕が良くても、実績が無い臨床心理士ではクライアントも不安になってしまいます。様々な現場で実績を積むと言う事は、クライアントが安心出来る臨床心理士になると言う事でもあるのです。

また、自分以外の臨床心理士や関係者との接点が無いと言う事は、人脈が無いと言う事でもあります。人脈があればクライアントを紹介してもらえる事もあるので、開業したての臨床心理士にとって堅固な人脈は命綱のようなものです。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.