臨床心理士に多い転職理由は?

測量士の求人探しTOP >> FAQ >> 臨床心理士に多い転職理由は?

臨床心理士に多い転職理由は?

【臨床心理士は転職が多い?】
臨床心理士は、日本臨床心理士資格認定協会が認定している資格になります。昨今では臨床心理士と言う名称がすっかり浸透しているので臨床心理士を国家資格と勘違いされている方も多いですが、実は臨床心理士は民間の資格であり、そのこともあってか実はそれほど給料や待遇が良いわけではありません。また、臨床心理士は契約社員やパートタイムなどの非常勤として働く事が多く、それ故に複数の職場を掛け持ちしたり、職場を転々としていると言う人も少なくありません。

【安定を求めて転職する】
先述した通り、臨床心理士は非常勤として働いている人も多いです。このストレス社会においては欠かす事が出来ない大切な職業でありながら、常勤に比べて条件や待遇が良くないのが現状です。特に臨床心理士の資格を取ったばかりの新人の頃は、実務経験が殆どないと言う事もあり、良い条件での就職はなかなか難しいでしょう。そのため、最初は非常勤として働き、実務経験をつみつつ、より条件・待遇が良い職場を求めて転職を行うと言うケースが多いです。

【他の職業への転職】
なかなか改善されない待遇に加え、臨床心理士の資格を持つ人の数に対して就職口が少ないと言う問題もあります。人を救う仕事は臨床心理士以外にもあるので、臨床心理士と言う資格を活かして他の心理系・カウンセリング系の職業に転職すると言う人は少なくありません。

【職場で感じるストレス】
臨床心理士には、ストレスに押し潰されているクライアントの話を聞くうち、自身もその話にひきずられてストレスを貯め込んでしまうと言う事が少なくありません。臨床心理士自身がストレスを貯めてしまうと、クライアントの話をちゃんと聞く事が出来なくなってしまいますし、そもそもクライアントの話を聞く事が辛くなってしまいます。このような理由から別の職業へ転職を考える人は多いです。

【公認心理士法の可決】
今まで心理・カウンセリング系には国家資格が無く、民間資格と言うと臨床心理士が最も信頼出来ると言われてきました。しかし2015年9月9日、公認心理士法が可決された事で、2017年には公認心理士と言う国家資格が認定される見込みです。まだ可決されて間もない法案のため、今後どのように運用されるか分からず、見通しもたっておりませんが、公認心理士法の可決により、現在臨床心理士の資格を持つ人達や、資格取得を検討している人達の動揺を誘っているのは確かです。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2017 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.