臨床心理士の難易度は?難しい?

測量士の求人探しTOP >> FAQ >> 臨床心理士の難易度は?難しい?

臨床心理士の難易度は?難しい?

【臨床心理士の雇用形態は?】
大学院や専門職大学院を出て、臨床心理士資格審査に合格する事で臨床心理士と認められます。臨床心理士資格審査は合格率は60パーセントほどと言われている資格試験であり、専門的な知識が必要となるため、臨床心理士の資格を得る事は決して容易ではありません。しかし、何年もかけて苦労して得た臨床心理士の資格ですが、必ず正社員や常勤で働けるとは限りません。

臨床心理士には常勤と非常勤があります。常勤とは、一般的な会社員と同じく週5日・1日約8時間の勤務であり、お給料は月給制度をとっている場合が大半になります。正社員や契約社員と言う形態をとる事が多いです。

非常勤は、入る日数は2日〜3日程度であり、時間も1日に数時間程度。そのため時給制になります。雇用形態はアルバイトやパートです。

【非常勤(アルバイト)で臨床心理士として働くのはアリ?】
折角苦労して臨床心理士の資格をとったのに、常勤(正社員)にならずアルバイトやパートと言うのは勿体ないと感じるかも知れませんが、条件やライフスタイルによっては決して悪い話ではありません。折角資格を持っていても、家庭の事情や健康上の理由から週5日フルタイムで働く事は難しいと言う方もいらっしゃるでしょう。そう言う方には、アルバイトやパートタイムの仕事は打って付けです。臨床心理士の資格を活かせる働き口を見付ける事さえ出来れば、普通のアルバイトよりも高い時給で働く事が出来る筈です。

【臨床心理士のアルバイトはある?】
臨床心理士のアルバイトなんて見た事ない、と言う方もいらっしゃるかも知れませんが、ちゃんとあります。臨床心理士のアルバイトを探しているならば、インターネット上の求人サイトで検索してみると良いでしょう。

ただし、臨床心理士のアルバイトの数は一般的なアルバイトに比べれば決して多くありません。場合によっては一つの求人に何人もの希望が集まり、競争率が高くなると言う事もあるでしょう。アルバイトだからと言って気を抜かず、何故自分がその企業で働きたいのかを明確にし、面接でしっかりと自己アピールが出来るようにしておく事をおすすめします。

【臨床心理士のアルバイトの時給は?】
アルバイトとして働く場合、気になるのはやはり時給です。どの程度の時給になるかは企業の規模や業務内容にもよりますが、臨床心理士のアルバイトの時給は1,000円から1,500円程度が多いです。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.