臨床心理士に多いストレスは?

測量士の求人探しTOP >> FAQ >> 臨床心理士に多いストレスは?

臨床心理士に多いストレスは?

【ストレス社会で貢献する臨床心理士】
現代人は、多かれ少なかれストレスを抱えながら生きています。職場や学校での人間関係、仕事や成績でノルマを達成しなければならないと言うプレッシャー、将来への不安……。人によって様々な理由からストレスを抱え、不安と戦いながら生きています。ストレスに押し潰されそうになった時に私達を救ってくれるのが、臨床心理士の存在です。

しかし、その臨床心理士もまた一人の人間です。信念を持って臨床心理士になっても、多くの人の話を聞き、寄り添ううちに、臨床心理士自身が強いストレスを抱える事になる、と言うケースは決して少なくありません。では、臨床心理士が抱えるストレスとはどのようなものでしょうか。

【精神的に疲れてしまう事はある?】
臨床心理士の仕事は、クライアントの話を聞かない事にははじまりません。中には頭が混乱していて話が要領を得ない人も居ますが、そのような人の話も根気良く聞き、相手の気持ちに寄り添う事が重要になります。しかしクライアントの中には、非常に陰惨な過去を持つ人も少なくありません。普通の人ならばまず経験しないようないじめや事件に遭遇し、心を病んでしまっている場合、その話を聞く事は臨床心理士にとっても強いストレスになる事があるのです。

また、悲惨な話をされるわけではなかったとしても、単に人に話してスッキリしたいと言う思いから臨床心理士を頼る人も多いです。そう言う人は具体的なアドバイスを求めているわけではなく、ただ話す事でストレス解消や自己肯定をしたいだけなので、話を聞く事に何となく虚しさを感じてしまいます。

【共感のし過ぎは良くない?】
臨床心理士には包容力が必要であると言われていますが、中にはクライアントのストレスや負の感情を受け止めるだけでなく、そこに共感したり、引き摺られたりしてしまう人も居ます。このようなクライアントの感情が伝染しやすい人は、臨床心理士には不向きであると言われています。クライアントの感情に引っ張られると、ストレスを感じるだけでなく、悪夢を見たり睡眠障害を引き起こすと言うケースもあるので注意しましょう。

【どうしたらストレスを感じずに仕事が出来る?】
ストレスを全く感じずに臨床心理士の仕事が出来る人は、ごく稀です。多くの臨床心理士は、自分なりのストレス発散法を身に着け、折り合いをつけながら仕事をしているのです。ストレスを感じても、上手く対処する方法を学びましょう。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.