臨床心理士は働きながらなれる?

測量士の求人探しTOP >> FAQ >> 臨床心理士は働きながらなれる?

臨床心理士は働きながらなれる?

【今からでも臨床心理士を目指したい】
既に就職をしてしまっているけれど、今からでも臨床心理士を目指したい。そんな方は少なくありません。臨床心理士は、ストレス社会とも呼ばれる現代においては欠かす事が出来ない職業となりつつあります。ストレスやプレッシャーで押し潰されそうになっていた時、臨床心理士のカウンセリングで救われたと言う人も多いでしょう。

臨床心理士になって困っている人を救いたいけれど、臨床心理士になるにもお金がかかるので無収入のまま目指すのは怖いと思うのは当然です。働きながら臨床心理士を目指す事は出来ないものでしょうか。

【大学を卒業しているか】
臨床心理士の資格試験を受けるためには、まず大学を卒業した上で指定の大学院や専門職大学院に入り、修了しなければなりません。つまり、大学の卒業が最初の絶対条件になります。既に大学を卒業している方ならばこの条件はクリアしている事になりますが、大学を卒業していない方はまず大学卒業の資格をとりましょう。一般的に大学は日中講義を行っているので、夜間に働くか、或いは夜間大学に入学して日中働くかになります。最近では通信制の大学もあるので、働きながら大学卒業の資格を得る事は十分に可能でしょう。

【働きながら大学院を修了出来る?】
働きながら大学院や専門職大学院に通うのは大変です。アルバイトやパートならば通えるシフトを組んでもらう事も出来ますが、正社員で働いている場合はそうもいきません。最も現実的なのは、通信制の大学院に申し込む事でしょう。大学院に通信制があるのかと驚かれる方もいらっしゃるかと思いますが、実は臨床心理士になるために必須となる大学院は、数こそ少ないですが通信制にも存在するのです。

その一つが、通信制の大学として有名な放送大学の、文化科学研究科修士課程文化科学専攻臨床心理プログラムになります。ただし放送大学は、修了した上で1年以上の実務経験をつまなければ臨床心理士の資格試験を受験する資格が取得出来ません。つまり、大学院を修了するだけでは資格試験を受ける事さえ出来ないのです。また資格試験に合格するためのスクールに通う場合もある事を考えれば、通常よりも時間がかかってしまう可能性がある事は心に留めておいた方が良いでしょう。しかし放送大学の臨床心理プログラム修了生の資格試験合格率は、平成25年から27年までの間で70パーセントから80パーセントと言う高い数字を出しているので、安心感があります。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2017 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.