児童関連施設の臨床心理士求人

測量士の求人探しTOP >> 職場別の臨床心理士求人 >> 児童関連施設

児童関連施設の臨床心理士求人

児童関連施設は広い意味での福祉施設に含まれます。この分野で活躍している臨床心理士は全体の13パーセント程度に及ぶといわれています。少子化の影響で児童関連の職場の求人が減少しているとも言われていますが、一方では少子化だからこそ抱えやすい子育ての悩みに対する相談業務を行う施設が増加しています。そのため臨床心理士が活躍する場も広がっている状況です。

臨床心理士が活躍する児童関連施設にはさまざまな種類があります。代表的なところでも児童相談所、児童福祉施設、子育て支援センターなど。また子供の発達に関する相談を行っている施設も含まれるでしょう。ですから求人を探す際には、まずこうした施設からの求人に絞り込んで探していくことになります。求人サイトで「児童関連施設」のカテゴリーで検索できる機能があればよいですが、ない場合には福祉関連施設で絞り込んでからピックアップしていくか、キーワード検索を使って上記の施設を絞り込んでいくのが一番の近道です。

その際に注意しておきたいのはそれぞれの施設における業務内容や求められる役割です。簡単に言えばおもに児童を対象に業務を行うケースと、親子、あるいは子育ての悩みを抱えている親を対象に業務を行うケースとに分けることができます。当然アプローチの方法が異なってきますから、あらかじめ詳しく確認しておくことが前提条件となります。また、子供が抱えている精神的な悩みを扱う場合には学校生活や家庭生活、親との関係が深く関わってくることもありますから、その場合には親や学校をよく話し合い協力をしあいながら解決を目指していくことも必要になります。直接ケアをする相手との関係だけで済む問題ではないのです。これは臨床心理士一人でなんとかなる問題ではないため、施設全体で必要な行動を起こせる環境が必要です。

ですから待遇面だけでなく職場環境にも目を向けたうえで求人をチェックしていきましょう。いくら頑張っても職場が動いてくれない環境だと虚しさを覚えるようになり、モチベーションが低下してしまう恐れがあります。また児童を相手にする場合にはコミュニケーションや信頼関係の構築が非常に重要ですが、その際にもスタッフ全員、職場全体でサポートしていく環境が不可欠です。その辺がうまく機能しているかどうか、求人情報だけでなくより詳細な情報をネットで入手しながら確認していきたいところです。

環境が整った職場なら、やりがいのある環境でキャリアを積んでいくことができるのが児童関連施設です。そのためにも求人探しは慎重に、念入りに行うよう心がけましょう。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.