企業内相談室の臨床心理士求人

測量士の求人探しTOP >> 職場別の臨床心理士求人 >> 企業内相談室

企業内相談室の臨床心理士求人

従業員のメンタルヘルスを重視し、企業内相談室を設置する企業が増えています。サラリーマンの心の病が大きな問題となっているなか、病気を未然に防ぐことで業務の効率を改善させようというものです。こうした動きは看護師においても同じことが言えますが、臨床心理士の就職・転職先としてこの選択肢がクローズアップされつつあります。

医療機関のようにさまざまな面で緊張感が漂うわけではなく、比較的ゆとりのある環境で仕事ができる点も人気の理由です。また基本的に企業の就業時間・休日に準じた勤務環境のため、残業や休日出勤といったシフト上の問題が少ないのも大きな魅力です。

ただし、いざ企業相談室の臨床心理士求人を探すとなるとなかなか大変な面もあります。相談室を設置する企業が増えているといってもまだまだ少数派に留まっている段階ですし、どの相談室も雇用する臨床心理士の数は限られているからです。実際のところ現場で活躍している臨床心理士の職場のうち企業関連の職場が占める割合はわずか3パーセント程度。この状況から見ても求人そのものが少ないことが窺えます。

また、企業内相談室に勤務する臨床心理士はごく少数、多くても2〜3人、1人しか設置していないケースも少なくありません。つまり新規採用の機会が非常に少ないことを意味しています。新たに企業内相談室を設置する企業からの募集か、何らかの事情で現職が退職して欠員が生じた際の穴埋めとしての募集が多くを占めるのです。

ですから、時期を問わず急に募集が掛けられるケースが多いのも企業内相談室の臨床心理士求人の特徴です。いつ欠員が生じるかわからず、生じたらできるだけ早く穴埋めをする必要があるわけですから、企業としては短期間の間に募集し人員を確保することを目指します。そのためごく限られた応募期間の形で募集がかけられやすいのも特徴となるでしょう。

こうした事情から企業内相談室の臨床心理士求人を探す際には、できるだけ正確な情報網を確保しておくことが大事です。募集の求人が出たらすぐにチェックして応募できるかどうか、これがチャンスを広げるためのポイントとなるでしょう。この手の情報は企業の公式サイトの採用情報で確認するのが難しいですから、ネット上の求人情報をうまく利用して鮮度の高い情報を得られる環境づくりが重要になってくるでしょう。なかなか難しい面もありますが、巡ってきたチャンスを逃さないよう、つねに準備を怠らないよう心がけておきたいものです。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2017 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.