障がい者関連施設の臨床心理士求人

測量士の求人探しTOP >> 職場別の臨床心理士求人 >> 障がい者関連施設

障がい者関連施設の臨床心理士求人

障がい者関連施設では利用者・入所者の心のケアも行っています。障がいと向き合いつつ前向きに生きていくために、あるいは自立した生活を目指すための精神面のリハビリや訓練も行われます。そのため臨床心理士の専門的な知識とスキルが広く求められています。

現在、現場で活躍する臨床心理士のうちおよそ13パーセントほどが福祉関連の施設で勤務しています。今後この分野での需要はさらに高まっていくことが確実視されており、障がい者関連施設からの求人も増加が予想されています。その意味では新たなキャリアを目指す就職・転職先として適しているともいえるでしょう。

そんな障がい者関連施設の臨床心理士求人を探す際には、2つのポイントがあります。まずひとつは求人そのものを探すこと。難しいのは臨床心理士の求人の中から障がい者関連施設からのものを探していくのと、障がい者関連施設の求人の中から臨床心理士のものを探していく両方のアプローチが必要になることです。そのため臨床心理士の求人だけを探しているとカバーしきれないケースもあるのです。それにほとんどの方は地元周辺にどのような障がい者関連施設があるのが把握できていないはずですから、通勤が可能な範囲内でどんな施設があるのかを確認しておきましょう。そのうえで各施設ごとの求人情報をチェックすれば幅広く情報を得ていくことができるはずです。自分の独自の情報網をどれだけ築き上げていけるかが鍵となりそうです。

もうひとつのポイントは実際に現場で臨床心理士がどのような役割を担うのかを確認しておくことです。福祉の仕事は職場の実態に関する情報が外から見えにくい面もあります。とくに障がい者関連施設にその傾向が顕著に見られます。障がい者関連施設といってもさまざまなタイプがありますし、各施設の運営方針によっても業務に違いが見られます。臨床心理士がどのような施設のコンセプトのもとでどういった役割が求められるのかをできるだけ詳しく確認しておきましょう。

それから他のスタッフとの関わり。障がい者関連施設ではさまざまなスタッフが業務に従事していますが、臨床心理士もその一員として他のスタッフと連携しながら業務を行っていくことになります。これは業務内容とも関わってくる問題ですが、与えられた仕事に対してしっかりと役割を果たせるような環境か、協力しあえるスタッフが揃っているかどうかもできるだけ確認しておきたいところです。

このように、求人だけでなく施設の詳しい情報の入手に努めることに障がい者関連施設の臨床心理士求人においては重要なポイントとなりますから、必ず踏まえておきましょう。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2017 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.