教育機関(小・中学校、高校、予備校など)の臨床心理士求人

測量士の求人探しTOP >> 職場別の臨床心理士求人 >> 教育機関(小・中学校、高校、予備校など)

教育機関(小・中学校、高校、予備校など)の臨床心理士求人

スクールカウンセラーとして教育機関で働く臨床心理士も増えています。心の病が社会問題化しているなか、大人だけでなく子供の心のケアも重要視されるようになっています。教師だけではなかなかカバーしきれない問題や心の問題を客観的かつ専門的に判断できる専門家の存在が求められているのです。もともとスクールカウンセラーといえば大学に設置されるケースが多かったのですが、近年では小学校から中学、高校まで、さらには進学や受験の悩みを抱えるケースが多い予備校での設置も増えています。実際にスクールカウンセラーを設置す教育機関の数は1995年の154校から2000年には1643校と急増しており、現在では1万校を突破している状況です。こうした点から見ても今後求人の増加が期待できるほか、就職・転職先として将来性が期待できる分野といえるでしょう。

こうしたスクールカウンセラーの臨床心理士の求人を探していく場合には、まず雇用形態と就業環境をよくチェックしておきましょう。大半のケースではひとつの学校に常勤の形で雇用されるのではなく、派遣や契約の形で採用されるケースがほとんど。ですからスクールカウンセラーをメインの仕事として生計を立てていく場合には、複数の学校を掛け持ちする必要も出てきます。その分求人探しが難しくなってくる面もあるため、ひとつひとつの求人情報を比較しつつ自分の生活環境や希望する条件を満たしているかどうかなどを見ておくようにしましょう。

また非常勤での雇用が多いため、欠員が生じた際などに補充のために募集をかけることが多いのも特徴です。つねに最新の情報を確認できるよう、情報収集の環境を整えておきましょう。

もうひとつ、近年では各学校がスクールカウンセラーとして臨床心理士を設置するだけでなく、自治体が教育委員会の内部に教育問題の改善を目指すため専門家を雇うケースが増えています。ここでは医師や弁護士に混ざって臨床心理士も加えられることが多いため、求人探しのひとつの選択肢ともなるでしょう。

教育機関からの臨床心理士求人では他にも教育相談室や教育センター、教育研究所といったより専門的な分野の職場もあります。こうした職場は求人の数が限られてきますが、正規雇用の形で勤務できるので安定した雇用環境を希望する方にとってはよい選択肢となるはずです。こちらはネット上で入手できる求人情報や各公式サイトの採用情報などをうまく利用して情報収集を心がけましょう。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.