老人保健施設の臨床心理士求人

測量士の求人探しTOP >> 職場別の臨床心理士求人 >> 老人保健施設

老人保健施設の臨床心理士求人

高齢化の進行によって老人保健施設の重要性が高まっていますが、その現場では臨床心理士も活躍しています。認知症対策のほか、自立した生活を目指すためのリハビリ、さらには生きる気力やモチベーションの回復・維持のためのケアなど幅広い範囲で業務を行っているのが特徴です。そのため、こうした老人保健施設からの臨床心理士の求人も増加傾向にあり、就職・転職のチャンスも広がっています。臨床心理士の活躍の場は医療、教育、福祉などさまざまな分野に渡っていますが、その中でも今後の成長や将来性が期待できる分野ともいえるでしょう。

それだけに数ある求人の中から自分の希望や条件に合ったものを選んでいくことが大事です。とくに重要なのが職場の種類。老人保健施設といってもさまざまな施設の種類があり、それぞれ提供しているサービスが異なります。介護老人保健施設を筆頭に介護療養型医療施設、さらに有料老人ホームなど広い意味での老人保健施設に分類される選択肢も視野に入れながら探していくようにしましょう。

それから雇用環境。介護関連の施設では非正規・非常勤の形で雇用するケースも多く見られます。人件費の削減などさまざまな事情があるわけですが、臨床心理士の場合も常勤ではなく非常勤の求人が多く見られます。この場合複数の施設を掛け持ちの形で働くことも考慮に入れたうえで探していくことも必要になってくるでしょう。できれば常勤の方がよいと希望している方がほとんどだと思いまずか、あまりこだわりすぎていると選択肢が狭まってしまうので気をつけたいところです。

将来性も重要なポイントです。冒頭では将来性が期待できる分野と書きましたが、一方では需要の増加に財源の確保が追いついていない状況のため給与の面で不満を感じるケースも見られます。介護福祉士などに比べれば臨床心理士はかなり恵まれていますが、5年後、10年後にどれぐらいの収入環境で働いているのかを考慮に入れたうえで求人をチェックしていくようにしましょう。

もうひとつ、忘れずに確認しておきたいのが職場環境。老人保健施設では介護職や医師などさまざまな職種がそれぞれの役割を似ないながら業務に従事しています。臨床心理士は施設のスタッフの一員として働くことになるのですが、利用者、入所者の健康状態、精神状態や日ごろの態度などを他のスタッフから確認したうえで適切なケアを行っていくことが求められます。そうした協力体制や連携できる環境が整っているか、この点は求人情報だけではなかなか入手できないため、施設のホームページや転職エージェントからの情報もうまく活用しながら見極めていくとよいでしょう。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.