保健所・保健センターの臨床心理士求人

測量士の求人探しTOP >> 職場別の臨床心理士求人 >> 保健所・保健センター

保健所・保健センターの臨床心理士求人

臨床心理士の重要な就職・転職先となるのが保健所・保健センターです。全国で活躍している臨床心理士のおよそ3割が医療・保険関連の施設に勤務しています。求人の数は多くはないものの、臨床心理士としての知識・スキルが求められる重要な職場です。

保健所・保健センターでは地域住民の心身の健康管理をメインに行っているのが特徴です。そのため個々の住民と向き合いながらコミュニケーションをとっていくことが求められます。精神面の問題や家族のトラブルなどに対するカウンセリングを行うのはもちろん、精神障害者の生活に関する支援業務なども行います。医療機関に比べて業務の範囲が広くなり、対応する人の数が多くなるのでそれに対応できる柔軟性も重要なポイントとなります。求人を探していく際にはこうした面を踏まえつつ自分に適性があるのかどうか、どのような心構えで臨んだらよいのかを確認しておくとよいでしょう。

冒頭にも挙げたように保健所・保健センターの臨床心理士求人は決して数は多くありません。そもそも施設の数が限られていますし、ひとつの施設に勤務する臨床心理士も数人程度。また医療機関や教育機関に比べても安定した雇用・就業環境といわれているため、離職率が低いのも大きな特徴です。ですから就職を目指す場合には年度初めの新規採用、転職を目指す場合には欠員が生じたときの募集にチャンスを逃さないことが大事です。とくに欠員が生じた場合、急に募集がかけられますから、その情報を逃さずにチェックして応募することができるか、保健所・保健センターの求人は人気が高く、すぐに応募が殺到して締め切られてしまうことも多いので要注意です。ネット上での求人の確認はもちろん、各施設のホームページもチェックしたうえで日ごろから情報収集を行っておきましょう。

また、施設によってどのような業務を行うのか、できるだけ確認しておくことも大事です。たとえば犯罪被害者に対する精神面のケア、あるいはアルコールや薬物の依存症に対するケアを行っている施設もあります。こうした施設では利用者とより密接な信頼関係を築いたうえで業務を行っていく必要があり、場合に応じて自宅にまで訪問してケアを行うケースも出てきます。こうした業務に対応できるかどうか、専門的な知識・スキルというよりも勤まるのかどうか、適性の問題が出てくるだけに注意したいところです。この点も各施設のホームページを確認するほか、さまざまな情報収集先からできるだけ詳しく情報を得るなどの準備を行っておきましょう。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2017 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.