精神保健福祉センターの臨床心理士求人

測量士の求人探しTOP >> 職場別の臨床心理士求人 >> 精神保健福祉センター

精神保健福祉センターの臨床心理士求人

精神保健福祉センターの臨床心理士求人は決して数は多くありませんが、やりがいのある職場として人気です。一方では適性が問われる面もあり、求人探しの際にはまず自分に勤まる職場かどうかを確認しておくことも重要なポイントとなります。

精神保健福祉センターはその名称の通り医療・保健の分野と福祉の分野のちょうど中間に位置する施設です。基本的には保健所・保健センターと同様精神面の問題を抱えている方の相談業務を行うのがおもな仕事ですが、より深刻な問題を抱えているケースに対応しているのが大きな特徴です。具体的にはアルコールや薬物依存の問題、犯罪や災害の被害によって抱えたPTSDの問題など、さらに精神障害者の福祉の向上を目指したさまざまな活動も行っています。場合によっては相談相手の自宅に訪問して相談に乗ったり、健康状態を確認したうえで適切な治療・対策方法を検討するといった業務も行います。

そのため、精神保健福祉に関する地域を広める目的での啓蒙活動や、その調査研究なども業務に含まれており、広い範囲での活躍が求められています。保健関連の施設は相談業務がメインの仕事と思われがちですから、この点をあらかじめ確認しておくようにしましょう。

精神状態や日常生活に大きな問題を抱えている方を対象に業務を行うため、やりがいを感じられる仕事であり、経験を通してスキルと知識を身につけていくことができる魅力的な職場ですが、一方では精神的な負担が思い面もあります。求人情報では具体的な業務内容や求められる資質などをあらかじめ知ることができませんし、施設のホームページから得られる情報も限られてきますから、事前にできるだけ詳しい情報を広い範囲から集めたうえで自分の適性などを考慮しておきましょう。

求人探しを行っていく際には、限られた求人を逃さずに見つけられるかどうかが鍵となります。施設そのものの数が限られてきますから、どうしても求人を見つけるのも大変になるのです。通勤できる範囲内にある施設に限定されることになりますから、あらかじめどのエリアまで求人探しの対象になるかを確認し、その範囲にある精神保健福祉センターのホームページをチェックしておくとよいでしょう。

ネット上の情報サイトよりもホームページの採用情報の方が情報収集手段としては確実ですから、目をつけた施設の情報はこまめにチェックすること、そして募集が行われた際にはできるだけ早く判断して応募することが大事です。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2017 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.