リハビリテーションセンターの臨床心理士求人

測量士の求人探しTOP >> 職場別の臨床心理士求人 >> リハビリテーションセンター

リハビリテーションセンターの臨床心理士求人

高齢化の進行もあってリハビリテーションセンターの役割がこれまでにないほど高まっています。そこでは機能訓練が主な目的となりますが、臨床心理士による心理的なアプローチが重視されるようになっているのも特徴です。そのためリハビリテーションセンターからの求人が多くなっているだけでなく、施設のざまざまな科・部門で活躍が期待されるようになっているのも特徴です。求人を探す際にはその点も考慮したうえで内容を吟味していくことが求められます。

臨床心理士はリハビリを行う患者に対しておもに心理的なアプローチでケアを行っていくことになります。そしてどんな問題を抱え、どのようなリハビリを行っているかによって患者に対するアプローチ方法が大きく異なってくるのが、この職場での臨床心理士の業務内容の大きな特徴です。たとえば脳梗塞などの影響で言語障害を抱えた患者にとっては機能回復はもちろん、社会復帰や自立した生活を目指すうえでの精神的なケアが求められます。さらに災害や犯罪の被害によってケガを負った患者に対してはPTSDのケアも臨床心理士の大事な仕事となります。こうした業務は他のスタッフとの連携が重要ですから、その環境を事前に確認しておきましょう。もともとリハビリは横の連携が重視されますから、それが機能している職場かどうかは求人選びの際の最大のポイントといっても過言ではありません。

またどのようなアプローチでの心理的・精神的なアプローチを行っているのかも確認しておきたいところです。検査や療法はどのようなものを採用しているのか、それに対して自分のスキルと知識がどれだけ活かせるか、各リハビリテーションセンターのホームページに情報が掲載されていることが多いので求人情報を合わせてチェックしておきたいところです。

施設側に、リハビリに対する柔軟性がどれだけあるのかもポイントです。とくに臨床心理士が深く関わる認知リハビリテーションでは、ゲームなどを通したグループ訓練が大きな比重を占めています。また患者の状況によっては1日の計画や日課の把握が難しく、事情に合わせて調節していく工夫も必要です。新たな計画やリハビリの方法の手案に対して施設側が積極的に動いてくれるか、仕事のやりがいやモチベーションの維持とも深く関わってくる問題です。この点は、面接の際に少し突っ込んで聞いてみるくらいの気持ちで確認を心がけましょう。

高齢化の影響でリハビリテーションセンターからの求人は増加傾向が見られます。だからこそ、これまで挙げてきたようなポイントを踏まえたうえで最適な職場を絞り込んでいくことがよい職場を探す上での鍵となるでしょう。

測臨床心理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

臨床心理士の転職の基礎

条件別の臨床心理士の求人

職場別の臨床心理士求人

臨床心理士のFAQ


Copyright (C) 2015-2017 臨床心理士の求人探し<※好条件の転職先の探し方> All Rights Reserved.